【結婚準備学概論~奥様の誕生~ 第7話】あらすじとレビュー

結婚準備学概論~奥様の誕生~

韓国で大ヒットしたウェブコミック原作のラブコメディー

「結婚準備学概論~奥様の誕生~ 第7話」

第7話では、家電選びでもヨンヒは自分の思い通りになる事がなく、不満が募ります。ヨンヒの不満もよく分かりますが、チョルスの気持ちにも共感が持てる内容でした。それでは、あらすじと感想をご紹介いたします。

結婚準備学概論~奥様の誕生~ 第7話あらすじ

家電選びでも、自分の思い通りになることがなかったヨンヒは、結婚が楽しいと思えずにいた。招待状が完成し誰に配るか話した後、チョルスはヨンヒの様子がいつもと違うことに気が付く。

現実的なチョルスの言動に不満がつのるヨンヒ

家電を買いに来たチョルスとヨンヒ。好みの冷蔵庫を見つけ喜ぶヨンヒに、現実的な意見だけを言うチョルス。店員と相談するチョルスを見て、ヨンヒは“私の話は聞かないのに、他人の言葉には耳を貸す”と不満がつのる。

さらに、小さいものは今使っているものでいいというチョルスに対し、ヨンヒは新品がいいと言うが、結婚祝いでもらえばいいとチョルスに言われる。ヨンヒは家電選びも楽しめない。

招待状の配布先に悩むヨンヒ

招待状が完成したが、誰に渡せばいいのか悩むヨンヒ。チョルスに相談すると、チョルスも同じように悩んでいたと打ち明ける。チョルスはチーム長からのアドバイスを、ヨンヒに伝える。話が終わった後、チョルスはヨンヒの様子がいつもと違うことに気が付く。

帰り道、ヨンヒは一人の男性とすれ違うが、それは初恋の相手だった。

結婚準備学概論~奥様の誕生~ 第7話登場人物紹介

最後までやり遂げる男

チョルス(イ・ジュニョク)

アパレルメーカー入社5年目。代理。

平凡で普通の女の子

ヨンヒ(ユン・スンア)

アニメセンターの契約社員。30歳。

結婚は墓場だという上司

チーム長(ムン・チョンシク)

チョルスの上司。チーム長。

結婚準備学概論~奥様の誕生~ 第7話の感想

家電選びでのチョルスの言動に、がっかりしました。招待状を配り始めたところに、初恋の人とすれ違うヨンヒですが、何か起こらないかと心配になります。

テンションが上がるヨンヒと冷静なチョルス

好みの冷蔵庫を見つけ、テンションが上がって楽しそうなヨンヒに、チョルスは「消費電力を確認しよう。経済観念がないと」と言いますが、正論なのだろうけど、これは嫌な気持ちになりますよね。

ヨンヒだって、その冷蔵庫を絶対に買いたいと言っているわけではなく、ただ「そうだね。いいね」という同意だけが欲しかったのではないかと思います。同意してくれたうえで、消費電力の話とかをしてくれれば楽しい気分のままでいられるのにと、残念な気分になりました。

チョルスの言動にすねるヨンヒ

チョルスは何でもかんでもヨンヒの意見に駄目だしをして、店員と話していて、本当に現実的すぎる男性だと思いました。

チョルスは見積もりより30%安くなって喜んでいるけれど、ヨンヒにはそれを喜ぶ気持ちはどこにもなくなっていて、“私の話は聞かないのに、他人の言葉には耳を貸す”と、心を閉ざしてすねてしまっていますね。こうなるとこの気持ちを解消するまでにとても時間がかかるだろうと思います。

わがままなヨンヒに優しいチョルス

喫茶店で、チョルスが勝手に飲み物を買ってきて怒るヨンヒ。「いつも同じかもしれないけど、確認してと」と言いますが、この気持ち、とてもよく分かります。さらに、家電選びで全く自分の意見を聞いてくれなかったから、余計に強く言ってしまったのだと思いました。

それでもすぐ「全部私のわがままだわ」と、振り返れるヨンヒはえらいと思いました。でも、もっとえらいなと思ったのは、怒るヨンヒに嫌な顔せず、飲み物を買いなおしてくれたチョルスです。すごく心が広いのだなとびっくりしました。

招待状を配るポイント

招待状を配る時のアドバイスが、1.自分が結婚式に行った人 2.自分が招待されたら行く予定の人 3、この半年の自分の近況を知っている人、の3つでしたが、これはとてもいいアドバイスだと思いました。ヨンヒだけが常に悩んでいるのかと思っていましたが、チョルスも同じように悩んでいたと知り、少しホッとしました。

ヨンヒは帰り道に初恋の相手とすれ違いますが、何か一波乱あるのでしょうか。続きが気になります。

配信動画サービスを検索!

動画配信ジャンル
月額料金
動画配信数
無料期間
動画配信サービスを見つける