【太陽の末裔 第9話】あらすじとレビュー

太陽の末裔動画用キャプチャ

太陽の末裔 第9話あらすじ

モウルを震源とする大地震がおきる。帰国を取りやめ野戦病院へ引き返す医療チーム。そして、韓国からシジンとデヨンを含む、救助チームが到着する。

大地震

医療奉仕団は任務を終了し、帰国する事になった。先発隊としてモヨンたちが軍の飛行機でウルク国際空港へと向かう。その時、モウルを震源とする大地震がおきる。

韓国で車の運転中に地震の事を知るシジン。震源地はモウルだった。救助に向かうシジンとデヨン。その頃、ヘソングループの発電所が倒壊したとの連絡が入り、救助に向かう医療チーム。必死の救助が続く中、韓国からシジンたちが到着する。

太陽の末裔 第9話登場人物紹介

除隊後、初のドラマ出演となるソン・ジュンギをはじめ、「フルハウス」など数々のヒット作に出演するソン・ヘギョなど、魅力的な俳優が出演している。

文武両道のエリート軍人

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)

特殊戦司令部大尉。テベク部隊所属のモウル中隊中隊長。
アルファチームチーム長。
エリート軍人だが、親しみやすくユーモアがあり、まっすぐな性格。

正義感の強いエリート女医

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)

胸部外科専門医。とても優秀で真面目なエリート女医。
テレビ出演により有名になり、特診病棟VIP担当教授となる。
医療奉仕団チーム長。

仲間を大切にする寡黙な軍人

ソ・デヨン(チン・グ)

特殊戦司令部先任上士。テベク部隊所属のモウル中隊副中隊長。
アルファチーム副チーム長。
言葉は少なめだが、仲間をとても大切にする。

一途な思いを貫く軍医

ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)

テベク部隊派兵軍医官中尉。整形外科専門医。
特戦司令官の一人娘で、エリートコースを進んできた。
デヨンを一途に想い、避けられても追いかける。

信頼できる上司

ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)

一般外科専門医。モヨンの先輩。
モヨンの信頼できる上司。ハ・ジャエ看護師と小学校からの同級生。

頼れる看護師長

ハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)

救急室看護チーム長。
後輩看護師や医師からも恐れられる存在だが、頼りにもされている。
ソン・サンヒョンとは小学校からの同級生。

太陽の末裔 第9話の感想

突然の大地震で、救助がはじまりますが、医療チームの葛藤が伝わり災害時の医療現場の緊迫感が感じられます。

地震

ウルクで地震がおきて、しかも震源はモウルとは驚きました。異常事態の前触れを鳥たちで表しているので、嫌でも何かがおこると分かり、緊張してしまいました。日本での大地震体験者としては、地震当時をつい思い出してしまい、複雑な気持ちになりながら見守りました。

韓国からの救助部隊にシジンとデヨンがいて、心強いメンバーでした。

モヨンはウルク国際空港で、帰国しろとチェ中士から言われますが、かたくなに拒否するところに、医師としての強い気持ちを感じられました。

チフンの涙

負傷者の重症度を分類し、救護にあたる医療チームでしたが、チフンが分類した負傷者が急変して亡くなります。

チフンが自信をなくしますが、医療チームにとっては本当につらい選択だと思います。チフンの涙を見て一緒に泣けてきました。でも、医療者が緊急時に泣いてはいられないから、チフンに本当に頑張って欲しいと思いました。

救助チームの到着

シジンたちが到着した時、シジンとモヨンは見つめ合いますが、こんな見つめ合うだけで気持ちが表現できるのはすごいなと思いました。本当に、ソン・ジュンギさんもソン・ヘギョさんも素敵な俳優さんだなと感じました。

ここでの再会でも、シジンとモヨンは言葉を交わしていませんが、姿を見ただけでお互い力がわいてきたのではないかと思います。

シジンとの再会

モヨンの靴紐を結ぶシジン。再会したシジンは靴紐を結びながら、モヨンに帰国したことを後悔していると、そばにいられないので気を付けてと声をかけます。本当に、シジンは自分の気持ちに正直でまっすぐな性格なのだなと思いました。

シジンとの再会は、モヨンにとっても大きな心の支えになっていると思います。自分にとって、シジンがどのような存在か改めて実感したモヨンは、今後シジンに対してどういう言動をとっていくのか気になります。

配信動画サービスを検索!

動画配信ジャンル
月額料金
動画配信数
無料期間
動画配信サービスを見つける