【太陽の末裔 第4話】あらすじとレビュー

太陽の末裔動画用キャプチャ

太陽の末裔 第4話あらすじ

再会したシジンとモヨン。気になっているのになかなか話せない二人。離れた心の距離をなかなか縮められない。

ミョンジュがテベク医療部隊に派兵されると決まると、デヨンに帰国命令が下される。ミョンジュ、ユン中将、デヨンの過去が少しずつ明かされる。

交錯する二人の気持ち

テベク国際空港で再会したシジンとモヨンだが、言葉は交わせずにいた。
その頃、韓国ではミョンジュがテベクの医療部隊に派兵される命令が出された。

モヨンは立入禁止区域に入ってしまい、何かを踏んでしまう。それを地雷だとシジンに言われ、慌てるモヨン。それが冗談だと分かり、怒って立ち去るモヨン。モヨンは謝ってきたシジンを許すが、翌日の採血でこっそり仕返しする。

新たな動き

山岳道路で国連の車が事故を起こし、シジンたちが向かう。国連職員は偽物で銃を持っていたため警察へ引き渡す。

無線LANが使いたいモヨンを、シジンは市内まで連れていく。その間にシジンは本部に事故と闇取引の件を報告したが、上官より『死の商人』に関わらないように忠告される。そして、デヨンに帰国命令が出たと伝えられる。

3人の関係とは

過去にミョンジュの父ユン中将とデヨンの間で、どのような会話がされたか、ミョンジュとデヨンの出会いが明かされる。

太陽の末裔 第4話登場人物紹介

除隊後、初のドラマ出演となるソン・ジュンギをはじめ、「フルハウス」など数々のヒット作に出演するソン・ヘギョなど、魅力的な俳優が出演している。

文武両道のエリート軍人

ユ・シジン(ソン・ジュンギ)

特殊戦司令部大尉。テベク部隊所属のモウル中隊中隊長。
アルファチームチーム長。
エリート軍人だが、親しみやすくユーモアがあり、まっすぐな性格。

正義感の強いエリート女医

カン・モヨン(ソン・ヘギョ)

胸部外科専門医。とても優秀で真面目なエリート女医。
テレビ出演により有名になり、特診病棟VIP担当教授となる。
医療奉仕団チーム長。

仲間を大切にする寡黙な軍人

ソ・デヨン(チン・グ)

特殊戦司令部先任上士。テベク部隊所属のモウル中隊副中隊長。
アルファチーム副チーム長。
言葉は少なめだが、仲間をとても大切にする。

一途な思いを貫く軍医

ユン・ミョンジュ(キム・ジウォン)

テベク部隊派兵軍医官中尉。整形外科専門医。
特戦司令官の一人娘で、エリートコースを進んできた。
デヨンを一途に想い、避けられても追いかける。

信頼できる上司

ソン・サンヒョン(イ・スンジュン)

一般外科専門医。モヨンの先輩。
モヨンの信頼できる上司。ハ・ジャエ看護師と小学校からの同級生。

頼れる看護師長

ハ・ジャエ(ソ・ジョンヨン)

救急室看護チーム長。
後輩看護師や医師からも恐れられる存在だが、頼りにもされている。
ソン・サンヒョンとは小学校からの同級生。

厳格な司令官

ユン中将(カン・シニル)

特戦司令部の司令官。ミョンジュの父。
ミョンジュの結婚相手はシジンがいいと考えている。

太陽の末裔 第4話の感想

シジンとモヨンの関係がぎくしゃくしたままで、もどかしいです。
デヨンとミョンジュの過去が少しずつ分かってきて、こちらの恋の行方も気になります

お互いの様子を伺うシジンとモヨン

テベク国際空港で運命的に再会したシジンとモヨン。モヨンが落としたストールを拾うシジン。でも、言葉を交わすことはなくて、二人の戸惑いを感じました。後で同僚のウンジと電話したモヨンは「気恥ずかしくて死にそう」と言っていたから、どうしたらいいか分からなかったのだろうな。と思いました。

お互いの存在を意識しながらも、言葉を交わせずにいる二人。シジンが鏡越しにモヨンを見つめる表情も、どうしたらいいか、いつどうやって話しかけようかと思っていそうです。

軽い冗談のつもりが‥

地雷を踏んだと嘘をついたシジン。きっと再会してようやく話ができて嬉しかったのだろうけど、モヨンには冗談がきつすぎたみたいですね。

でも、この時のバックミュージックやシジンの表情で、嘘だとすぐ分かるのに、モヨンは本当にシジンの言ったことを信じてますよね。だから余計に腹がたったのかもしれません。

二人が倒れてしまった時、シジンが「お元気でしたか」と聞きますが、シジンはこの言葉だけを本当は言いたいのに、随分余計な事をしちゃった感じです。女の人には伝わりにくいですね。

モヨンの好み

韓国の国旗(掲揚か貢納か分かりませんでしたが)を見ながら、敬礼や胸に手を当てたりする姿を見て、やはり韓国は日本よりも国に対する想い、愛国心が強いのだろうと感じました。

朝、軍人たちが上半身裸でランニングする姿をうっとり見つめるモヨンと看護師たち。話しかけるシジンを邪魔者扱いしているモヨンがちょっと意外でした。モヨンはもともと軍人のように筋肉しっかりある男性が好みなんですね。

市内の店へ

採血の時、モヨンはシジンに昨日の仕返しをするけど、その時の「シジンが銃を持ってますよ」という言い方が、軍人らしいけど採血を怖がる男性をよく表していると思います。こんなに強いシジンでさえも、採血が嫌いとは親近感わきます。

テベクに来てるのに、帰国後の開業準備をしているモヨンは本当に仕事熱心で、優秀なんだなと思いました。常に先を見ているのかもしれません。

無線LANを使用するために行った店で、以前会った高麗人の女性に会いますね。看護師だったとは思いませんでした。ちょっと気になる人物ですね。

デヨンの気持ち

デヨンはミョンジュからの手紙、嬉しそうでしたね。態度にはほとんど現れないけど、デヨンの嬉しさが伝わってくるのはすごいですね。

デヨンはミョンジュを避けているけど、本当はとても想っているのが少し分かってきます。今はまだ、ちょっとしか分からないですが。

でも、それだからこそ、デヨンに帰国命令がでて、デヨンが荷物をベッドに放り投げながら荷造りする姿から、かなりの悔しさを感じます。ミョンジュに会えずに帰国するなんてことがありませんように。と思わず祈ってしまいました。

デヨンとミョンジュの出会い

過去のデヨンとミョンジュ。元彼女の結婚式に乗り込む日に、ミョンジュが取引をして同行します。白の服のテーマを聞くデヨン。そしてそれを「幽霊ですか?」と答えるデヨン。「妖精」と手をパタパタさせるミョンジュ。そんなミョンジュを見ても、デヨンは真顔。二人のやり取りに笑ってしまいます。

この二人がどうやって恋人になるんでしょうか。気になりますね。

配信動画サービスを検索!

動画配信ジャンル
月額料金
動画配信数
無料期間
動画配信サービスを見つける